タコとサバで昼ごはん

フランスのパン屋のパンは美味しく、ハムもチーズも美味しい。
ですが、やはり日本人なので時々、
ムショーに和食が食べたくなる時があります。



そんな時は冷凍食品専門店ピカールの冷凍サバを塩焼きにします。
ちょっとお酒をかけて、フライパンの弱火でジリジリ…
これを酢飯と一緒にラップに包んで押し寿司にします。
f0376220_18582063.jpg
サバの押し寿司
正確には全然押してないので押してない寿司。

おにぎらず という食べ物が市民権を得ている今、
この「押さずし」も広めていきたいと思います。
#押さずし 

そして、よく見かけるギリシア風のタコのマリネを買ってきて
f0376220_19345896.jpg
タコとキュウリとマロニーで酢ものにしたりします。
f0376220_19394823.jpg

味がついているので、塩もみキュウリとお酢を投入するのみ
よく味わうとタコから地中海の風味を感じますが、
そこはお酢のチカラで抑え込みます。


f0376220_18584278.gif





パリにはKマートやKANAE、KIYOKOといった
日本食材が手に入るお店があるので
和食を作るのにも苦労しないのですが、
「さぁ!和食作るぞ!」と意気込んだ時にしか
お買い物に行かないので、近場のスーパーやお惣菜屋さんで
買いやすいもので和食ができると嬉しいです。

新鮮で皮の固いナスもパプリカもズッキーニも
多めの油で塩焼きにしてオダシにどぼん…



f0376220_19412832.jpg

ギリギリ和食で昼ごはんの完成でございます。

ちなみにあまったタコのマリネは
トマトと炒めてニンニクを足しスパゲッティにしても
おいしいです。

f0376220_18582702.jpg


いやマリネのまま食べてあげてよ…
という感じですが。。。





  ご覧いただきありがとうございました。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by araoarako | 2019-05-26 10:52 | COOKING | Comments(0)

2010年からシンガポールに住み、2016年からカナダで暮らし、2019年からフランスにやって参りました。台所に引きこもり続ける専業主婦のブログです。


by アラコ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30