恒例の肉とお菓子まつり

クリスマスが終わるとアメリカ・カナダでは
ボクシングデーと呼ばれる安売りセールが
国中で行われるそうです。

このボクシングデーにわが家では毎年、肉を食べます。
f0376220_14375920.jpg
肉の中心温度は60℃を超えてはいけません。





なぜかというとボクシングデーが、
わたくしの誕生日で、
肉のカタマリが、
わたくしの大好物だからです。

f0376220_14373885.jpg

特にお祝いもせず、プレゼントもありませんが
でっかいカタマリ肉でローストビーフを作り
ポン酢とからしで食べる…
それがわが家の恒例のわたくしの誕生日です。


前日のクリスマスにオットの会社の
クリスマスパーティーがあったので、
卵を12個つかってロールケーキを3本作りました。
f0376220_14375292.jpg
20人分作りました。何個か箱に入らなかったので、わが家のオヤツとして保管





そして、自宅用のクリスマスケーキに、と
サントノーレというお菓子を
作ったのに、クリスマス当日は誰も食べてくれませんでした。
f0376220_14373529.jpg
シュークリームをタルトの上にのせてアメで固める…面倒臭いお菓子

f0376220_14374966.jpg
出来立ての時は飴細工の飾りがアンテナのようにピーンとしていたのに
冷蔵庫の中でいつのまにか消えてしまっていました…無念。。。


なおかつ、ロールケーキだのシュークリームだの
ずっと何かを作っているわたくしを見た
ムスメが「ママばっかりずるい、アタシもやる!」
と言い出し無理矢理つくった
チョコカップケーキもあり、
ちょっとしたケーキバイキング状態になりました。

f0376220_14374600.jpg

ムスメのチョコカップケーキ 
作った本人は上のクリームしか食べないという狼藉






お肉とケーキでお腹いっぱいになり
とても幸せでした。
が、オットからは「おめでとう」の一言も無く
無言でケーキをムシャムシャ食べておられました。



そして次の日「あ!今日誕生日じゃない?おめでとう!」と
朝から勢いよく言われたので
「…昨日だったよ。」と言うと
「アッハー…エヘヘ…フフフハハハハ…」と言いながら
どこかへ去っていきました。


そんな感じの、とても良い誕生日でした。










  ご覧いただきありがとうございました。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by araoarako | 2017-12-30 07:36 | BAKING | Comments(4)
Commented by 125embroidery at 2017-12-30 07:58
アラコさま、遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
まはや、菓子職人の域ですね。
お誕生日ケーキは、お鍋セットだったのでは⁇
私は今年もサンタさん来なかったなぁ…(๑˃̵ᴗ˂̵)
Commented by うさこ at 2017-12-30 19:23 x
お誕生日おめでとー
お肉、アブラ少なめだけど大丈夫?
Commented by araoarako at 2018-01-08 16:35
125embroideryさん
ありがとうございます!ケーキははげしく歪んでいるので全然職人ではないのですが、お菓子を作るのは本当に楽しいです。これで体に害がなければ最高なのですが…ブクブク太ってしまい、自分で自分の首を絞めております。お誕生日プレゼントは前ガリで買ってもらっていたのですが、おめでとうもなんにもない、そんな誕生日でした。ほほほ サンタさんも忙しいみたいなんで、自分で買いにいってサンタさんのクレジットカードを切るのが良いみたいですよ。
Commented by araoarako at 2018-01-09 10:48
うさこ
ありがとー!塊肉は脂身が少なくてイヤよねぇ…カナダもアメリカみたいに健康志向が強いのか、赤身ばっかりで霜降りの牛なんてほとんど見かけないの。どうしても脂身が食べたい、そんな時は牛脂を炒めて食べてるから大丈夫★
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


2016年7月から、カナダのトロントでひきこもりつづけていたシュフが 2017年 6月にバンクーバーのお隣りバーナビーへ引越してきました。


by アラコ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31