和泉式(いずみしき)マカロン

わたくしは以前、お菓子作りを教えるっぽいお仕事をしていました。
f0376220_02311064.jpg
胸を張って、お菓子作りを教えていました!と言えないのは
わたくしが専門的な学校も出ていなければ、
なんの資格もないただのシュフだからです。
なんだったら、むしろ不器用で教え下手…

ですが、ひょんな事からお菓子のレッスンをやっている会社で
働く事になり、ヌルリと講師をしていました。
f0376220_02311721.jpg
マカロンのレッスンをする際に
それはそれは口を酸っぱくして、
丸く絞り出したマカロンの生地を乾燥させるように
念をおしていました。

マカロンは卵白とお砂糖とアーモンドの粉を混ぜ、
丸く絞った後に乾かしてオーブンで焼く、という工程です。
f0376220_02313942.gif

乾燥しなさい。乾燥しなさい。極度乾燥(しなさい)スーパードライ!

f0376220_02312445.jpg
わたくし自身乾燥が足りずにマカロンがまんじゅうのように
膨らむことがたびたびあり、とにかく乾燥するように!乾燥よ!乾燥!
と妖怪・乾燥ババア状態でした。

深夜に作り出したマカロンを乾かしている間に
夜が明け、これがほんとのアサヒ・スーパードライ…とか
言ったり言わなかったりしました。


ですが、最近まったく乾燥しない
乾燥時間0分の和泉式マカロンという
マカロンの作り方を知り、大いに驚きました。

f0376220_02313346.jpg
スーパーで売っていた古そうなアーモンド粉をつかったので
シミになってしまいましたが、乾燥時間0分でできました。

絶対こうじゃないと!と思い込んでいる事が
簡単に覆される時があり、日々勉強だなぁ…と思いました。

f0376220_02312857.jpg
箱に詰めて、ムスメのお友達へ差し入れしました。




にほんブログ村
ご覧いただきありがとうございました。

by araoarako | 2017-03-23 02:33 | BAKING


2016年7月から、カナダのトロントでひきこもりつづけていたシュフが 2017年 6月にバンクーバーのお隣りバーナビーへ引越してきました。


by アラコ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31